元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

Antenna

G5RVの冬越えメンテナンス

投稿日:

毎年この頃になるとHFのアンテナの冬越えメンテナンスです。

一昨年にG5RV(ZS6BKW)を上げたので、今シーズンで3シーズン目を迎えることになります。
G5RV(ZS6BKW)の特徴として、平行フィーダーを真っ直ぐ下に降ろしますが、やはりこれがどうしても雪が積もるとその重みで引っ張られてしまいます。
また、昨シーズンは除雪機でフィーダーを切断してしまったりもしてしまい、なにかとトラブルが続いておりました。

G5RVのフィーダーって、ホントに真っ直ぐ下に降ろさないといけないのか?
横に引っ張って同軸ケーブルと繋いで同軸ケーブルから屋根の上を這わすことは出来ないのか?という疑問がわき、早速実験です。

あまり天気が良くなかった時に撮ったのでちょっと暗くてすいません。
上の写真のように、下に真っ直ぐ垂らしていた平行フィーダーを横に引っ張って屋根の上までもってきました。

G5RV(ZS6BKW)についてGoogleで調べてみると、上げた当時に比べると最近はだいぶ参考になるWebも増えてきたようです。
そんな中、JK4HNN/とっとりLC575局のブログのこちらのページが目に留まりました。

G5RVアンテナ その2

私のこのブログもご参考頂いたようで恐縮ですm(_ _)m

以下、一部引用させて頂きます。

>同軸ケーブル 直径15.2cm/10回巻きによる1:1チョークバランを最も推奨
>
>フェライトコアやフェライトバーなどは、磁束の飽和、発熱などによりパワーロスとなるので避ける。
>1:4などの変圧トランスバランも同様に避ける。
>
>http://www.mfjenterprises.com/pdffiles/MFJ-1778.pdf
>より

というわけで、今まで1:1の市販のKENPROのバランを使ってたのですがこの機会に1:1チョークバランを作ってみました。
3D2Vで作るのがいいみたいですが、ロスを少なくしたいので5D2Vで作ってみました。

1:1チョークバラン

トタン屋根の上に置いたのではマズイと思われるので、コン柱のステップにぶら下げました。

以下、市販のバランとチョークバランとを比較したSWRです。
青い線が市販のKENPROバラン、ピンクの線が今回作ったチョークバランです。
なお、30mと15mはSWRが高くて使い物になりませんので掲載しませんでした。

80mはちょっと高めではありますが、まぁまぁ許容半以内でしょう。

とりあえずまだしばらくはこのアンテナで楽しんでみたいと思います。

スポンサードリンク



-Antenna
-,

執筆者:


  1. はじめまして、JK4HNN/とっとりLC575と申します。
    G5RVアンテナ製作の際は大変参考にさせていただきました。
    今後ともよろしくお願いします。
    当局の記事も引用いただきありがとうございました。

    バランの違いによってSWRも変わってくるのですね。
    当局もいろいろまた実験してみたいです。
    山陰も雪の季節になり、春までお預けですが。。

    Half size G5RVも製作しましたので、これも使ってみたいです。

    またお邪魔します。

    ではまた

    • JR0GFM より:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      こちらこそ、当ブログをご参考頂いてるようで大変光栄です。
      G5RVは簡単に作れるマルチバンドDPとしてとても気に入っています。
      Half Size G5RVは移動運用にもよさそうですね。
      今後もG5RVでいろいろ実験してみたいと思います。

      フリーライセンス無線もされてらっしゃるようですね。
      ぜひEsで繋がった時はよろしくお願い致します。
      コールサインからMacのユーザーさんかと思われますが、私も根っからのMacファンでございます。
      今後共よろしくお願い致します。

      • 了解です。
        LC575でMacと結びつくとはさすがですね!
        当局が初めて購入したパソコンです。今でもちゃんと動きます。

        フリラでも繋がるとうれしいですね。
        BCL、ラジオ、CB、ハムなど当局と経歴がよく似ていて、たぶん同世代の方かなと思っております。
        ちなみに「ラジオの製作」の愛読者でした。

        ではまた

        • JR0GFM より:

          了解です。
          私は初ラ派でした。
          ラ製も時々買ってましたが、今思えばラ製を購読してればもっとフリーライセンス無線の世界に早く入れたのかなと思っています。
          それでは、よろしくお願い致します。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

G5RV(ZS6BKW)アンテナの復活

昨年の秋にG5RV(ZS6BKW)を降ろしバターナットを復活させましたが、やはりどうも飛んでる気がしない。 毎年秋には毎回ピコ14Sで参戦しているWW DX TEST CWも、前年のG5RV(ZS6B …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その3 調整編)

コイルとエレメントを竿に取付け、裏庭にて調整。 まずは7MHzから・・・・・とりあえずそのままの状態では8.5MHzあたりに共振点が有るようだ。 コイルのタップをいじってみたりいろいろとやってみたけど …

no image

モービル用アンテナ、SWRがイマイチ落ちない10mを改善

昨年の夏から車にルーフキャリアを取り付け、そこにアンテナを付けるようになりましたが、それまではハッチバックと牽引フックに付けていました。 こちらはキャリアにBIG-10Hを取り付けた例です。 時々上の …

no image

430MHzバイコニカルアンテナを作ってみた

QSBが少なく安定したQSOが出来ると定評のバイコニカルアンテナですが、メーカー製のコメットのCBC-70ですと実売で¥8kくらいしており、430MHzのモノバンドでその価格だとちょっと手を出しづらい …

no image

【10mFM】ヘリカルアンテナ He-5号の製作

10m FM界でHe-5号と呼ばれるヘリカルアンテナを製作しました。 詳細な製作記事はこちらのPDFで。 He-5 なお、このサイトでの公開にあたって、快く公開を許可していただいた7L3IJF局に心よ …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。