元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CQ WW DX Contest CW QRP

CQ WW DX CONTESTはMIZUHO MX-14Sで参戦

投稿日:2012年11月28日 更新日:

毎年必ずと言っていいほど11月の土日は仕事が入ってしまうのですが、今年は珍しく24日25日が空きました。
今年こそミズホのMX-14S(ピコ14)でオールタイム参戦出来るチャンスです。

ピコ14で参戦したのは1995年、しかし、本人は覚えてなくて思い出したきっかけが2007年のこの記事。

CQ WW Japan CW Recordsに載っていた!

JA0の14MHz QRPでピコ14で参戦した記録がまだ残っていると言うもの。
結局2007年のCQ WW DX TEST CWにはFT-817NDで参戦したのですが、まぁ、なんでしょう。ピコでやらなかったことについてずっとモヤモヤしたものがありました。

その間、ピコ用のセミブレークイン&サイドトーン装置CW-2Sを入手したり、PCキーイングを可能にしたり、G5RVをメンテナンスしたりと少しづつ準備をすすめ、ようやく今回ピコ14での参戦が17年ぶりに実現しました。

期間中は、とにかく忍耐でした。
おそらくほとんどの局が数百W〜数KW?の高出力とビッグアンテナで戦っている中、2W QRPとG5RVアンテナという恐ろしく無謀な設備で世界と戦いました。
2Wはホントに厳しいです。
しかし、それだけにコールバックがあったときの感動もひとしおです。
とは言え、やっぱり5W欲しいと思ったことも何度かありましたが・・・。

結果は、83 QSO 34 Entities 21 zonesで10,560点。
QSO数としては2007年の88QSOには惜しいところで届きませんでしたが、ゾーン数及びエンティティー数が増えましたのでトータルでのポイントが前回を上回りました。今のところ。
あとは、QSOしていただいた各局にログの提出とQSOが有効であることを祈るのみです。

こんな弱っちい信号を拾ってくれた耳のいいDX各局には心より感謝致します。

ピコでのWW DX参戦、大変でしたけど最高に楽しめました。
また今度参戦したい・・・ところですが、まぁ、2Wでやるかどうかはちょっと考えたいと思います。

WとかEuあたりとの交信をちょっとだけ動画に撮り、それを編集したものをYouTubeにアップしました。

http://youtu.be/gFMc1z0d7ZI

追記:2015年1月に編集したものを改めてアップしました。

スポンサードリンク



-CQ WW DX Contest, CW, QRP
-, ,

執筆者:


  1. uchi より:

    はじめまして。
    A1 ClubメンバーのブログからJR0GFM OTの記事を拝見しました。

    私は、定年を機会に40年ぶりに再局して無線を再開たいと思っています。
    「ピコ」MX-21SとCW-2S、ハイモンドのHK-704は残していましたので、まずこれでCWをやりたいと、聞き取りと打鍵の練習を始めています。

    すいませんが、動画のピコのことで教えていただけないでしょうか。

    私のピコは、PTTスイッチを押した最初だけ、スピーカに「プチ」という大きな音がでます。
    CW-2Sを接続した時も、打鍵を開始した最初だけ同様の「プチ」音がします。
    受信は問題なくできており、多分送信も問題ないと思っていまが、この音が気になっています。
    40年前に、この音が出ていたかどうか・・の記憶がありません。

    JR0GFM OTのピコ14+CW-2Sは、「プチ音」はないのですが、私のピコ21+CW-2Sはおかしいでしょうか・・。

    よろしくお願いします。
    大阪府大東市 内田

    • JR0GFM より:

      内田様。

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      私のピコもPTT押した時は多少はプチというか「ポッ」という音がしてます。
      ただ、内田OMのピコのプチ音がどれくらいの音なのかがわからないのでなんとも言えません。
      あまりお役に立てずに申し訳ございません。

      ピコ21は割と出回っているようですが、それでもピコシリーズとして貴重な部類に入りますので、末長く大切にされてください。

  2. uchi   より:

    JR0GFM OTご回答ありがとうございます。
    その多少の「ポッ」という音です。
    動画では音はないように思いましたのでお尋ねしました。
    ひとまず安心しました。
    ピコ用のクリスタル(21X-00S/21X-05S/21X-10S)も入手してボチボチと準備はしているのですが・・、自信がないので電波は出しておりません。
    お空でお会いできるのを楽しみにして、練習にはげみたいと思います。
    また、OTのブログを拝見して参考にさせていただきたいと思います。
    これからもよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【QRP,DX】0.5Wで3W3MD wkd

ベトナムからのペディション3W3MDが行われていますが、3WやXVとしては20年くらい前にcfmしております。 しかし、それらは100Wでのcfmであって、まだQRPでは出来ていません。 どうせやるな …

no image

第1回及び第2回対馬移動記を掲載

1988年の第1回対馬移動記と、1996年に行われた第2回壱岐/対馬移動記を掲載した。 これは、1995年、1996年に露組ねっとが「月刊露組ねっと(不定期刊)」として発行していた小冊子に掲載した手記 …

no image

KH6LC on 80m

のんびりと3.5MHz CWをワッチしてたら、3.512MHzでCQ DXを打つ局を発見。 KH6LCでした。 ダメ元で呼んでみるも、さすがに1発目は他のJA0の局に持っていかれたものの、2回目のコー …

no image

WW DX CONTEST CW、今年もMX-14Sで参加

毎年恒例になりつつあるMX-14SでのWW DX CONTEST CWへの参加ですが、今年も滞りなく終了いたしました。   昨年はアンテナに不満を感じ、一昨年のMX-14Sでの参加の時と比べ …

no image

144.08MHzに出るFM

144.08MHzにてCQホレなんぞをのんびりと出し、スタンバイしたら突然「ぎゃお〜〜ん」というFMのかぶり。 あわててFMモードに切り替えたら、東北弁で話すモービル局が出てるし。 ここでFMで注意す …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。