元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CW

4630kHz非常通信訓練に思う

投稿日:

非常通信用周波数である4630kHzでは、毎日09:00からと20:00からの一日二回、電波伝搬調査及び通信機器の点検として和文CWで通信訓練が行われています。

4630全国ハムネット

非常時への備えとして毎日訓練するのはとても大切なことであり、また続けていることは素晴らしいことだと思います。
私も時々聴いており、また参加しようとしたことも何度かあります。
今夜こそは参加しようと19:50頃から4630kHzで待機してました。

しかし、キー局のあまりにもクセの強い打鍵で何を打ってるかさっぱり了解出来ません。
「クンリン クンリン・・・」???
最初は何のことだかわかりませんでしたが、どうやら「クンレン クンレン」と打ってるということが後でわかりました。
「レ」(ー ー ー)がどう聴いても「リ」(ー ー ・)にしか聞こえません。
もちろんそれだけでなく、相手局との通信内容がほとんど理解出来ません。
当然私の和文の聴取力が未熟なのもありますが、中にはきれいな符号を打たれるOM局もいらっしゃり、そのOM局の符号は十分理解出来るのです。

結局今夜も参加は見送りました・・・・・。

非常通信用周波数での通信訓練であるのですから、あまりにもクセの強い符号はどうかと思うのです。

もし万が一の時、あのような符号でやられたら、余計混乱を起すだけでしょう。

4630kHz全国ネット、いつかは参加したいと思いますが、とりあえずきちんとした符号を打たれる局がキー局として出てらしたら参加しようと思います。

 

2015年1月12日追記。
件の4630kHzでの通信訓練の模様をYoutubeにアップしました。

4630kHz非常通信訓練〜符号のクセが強くて解読不能

スポンサードリンク



-CW
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

50MHz 6LE

ALL JAコンテスト(たぶん)初参戦!

たしか開局して初めて体験したコンテストが全市全郡コンテストだったと思います。 まだ3.5MHz,7MHz,21MHzのSSBしかやってなかった当時、TS-130Vの10Wでは7MHzでもみくちゃにされ …

no image

144.08MHzに出るFM

144.08MHzにてCQホレなんぞをのんびりと出し、スタンバイしたら突然「ぎゃお〜〜ん」というFMのかぶり。 あわててFMモードに切り替えたら、東北弁で話すモービル局が出てるし。 ここでFMで注意す …

no image

癖のある符号

最近やたらと和文をやりたくて、かと言って仕事が一段落する夜は3.5MHzしか国内はダメなんだけど、QRPでバターナットじゃ3.5MHzはかなり厳しいという状況なので、久々に日中に7MHzにてCQホレな …

no image

十数年ぶりの再会

さきほど新潟市内を走行中に51MHzFMにてCQを出すと、新潟市内のJA0ASJ局より呼んでいただきました。 なんと、十数年前に妙高の関見峠にて私がCBを運用中にアイボールしていただいて以来だとのこと …

no image

複式電鍵デビュー

以前から興味のあった複式電鍵を入手することができた。 複式電鍵は、日本ではハイモンド社やGHDキー社から出ているが、どれも高価でちょっと手を出しにくい。 そんな中、オークションでJA1CQJ局が制作さ …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。