元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10mFM Antenna

CR8900の修理

投稿日:

ダイアモンドの29MHz/51MHz/144MHz/430MHz 4バンドモービルアンテナCR8900。各バンドともそこそこ飛びもよくバランスのとれたアンテナです。

先日、どうも飛び・受信ともに悪くなり、おかしいな?と思ってSWRを計ってみるとなんとおもいっきり上がってます。
おいおい、SWR計でフルスケールは困るぞと。

で、よく見て見ると6mのスタブの部分に穴なんか空いちゃってるし。

IMG_2025

よく見ると、スタブの先端?からチューブのカバーが溶けてるようにも見えます。
ええ、もちろんそんな溶けるほどのパワーなんか入れてませんよ。
「シーキュー デルタデンマーク エックスレーイ」の世界とは無関係ですから。

で、とりあえず思い切ってチューブをはがしてみることにしました。
カッターで慎重に切れ目を入れ、丁寧に被覆をはがします。

IMG_2492

案の定、空いてた穴から水が浸入してました。

ドライヤーで乾かし、水分がなくなったことを確認し、問題のスタブの部分とチューブを被せる上の部分にバスボンドを塗ってコーキング。

IMG_2497

そしてホームセンターで買ってきた熱収縮チューブをかぶせます。

せっかくなので透明なのを被せたかったのですが、残念ながら透明なのがなかったのでとりあえず今回は黒で。
後で気が向いたら透明なのに変えようかなと。

IMG_2499

せっかくバラしたのでエレメントの接続部をよく磨きます。

IMG_2500

アルコール付けた綿棒も突っ込んでグリグリしちゃいます。

IMG_2502

はい、元通り!

IMG_2028

この後、さらに念のため上からの水の侵入を防ぐために調整エレメント下から熱収縮チューブまでの部分を自己融着テープを巻いときました。

SWRもバッチリ1.5以下に落ちてめでたしめでたし。

スポンサードリンク



-10mFM, Antenna
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高周波回路設計に役立つサイト

「f=2πルートLC分の1」。 この公式、一生忘れることはないでしょう・・・。 だけど20数年アマチュア無線をやってきて、一度も使ったことがありません。 そもそも、ルートの計算なんてどうやるんだっけ? …

no image

同軸コネクタの値段

前々からネタにしようと思ってて忘れてたネタなんですが。 昔5D用のM型コネクタはたしか1個150円位だったと思うんです。 それが値上がりして330円とかになって「高くなったなぁ・・・」なんて思ってたん …

no image

10mFMの昔話

私が初めて10mFMにQRVするようになったのも冬の今頃の季節だったと記憶しています。おそらく23〜25年くらい前でしょう。ヨーロッパ輸出向けのCB機を改造し、終段も差し替えて出力も3W出るようにした …

no image

29MHzFMでの回折

今日29日は29MHzFMの日・・・というわけでもないんですが、今日は十日町の某結婚式場にて音響の仕事でした。 帰りになにげに車に積んであるFT-8900Hのスイッチを入れると、29.30MHzにて7 …

no image

そしてZS6BKW版G5RVへ

前のエントリーにてオリジナルのG5RVを制作したが、思った以上にSWRが高いことが気になった。 そこでいろいろ調べていくうちにZS6BKW版のG5RV(と呼んでいいのかわからないが)の存在を知った。 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。