元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10mFM Antenna

29MHzFM、糸魚川市〜妙高市間山越えQSOが可能に

投稿日:

今まで、妙高市と糸魚川市には妙高山や火打山などがそびえ立っているため、29MHzFMやV・UHF帯ではQSOが難しいと思われていました。

ところが、今日夕方糸魚川市のJI0LQJ局とRS55〜57くらいで安定してQSO出来ることが判明。

こちらのアンテナはG5RV(ZS6BKW)で、JI0LQJ局側は3EL八木を火打山方面に向けているとのことで、どうやらおそらく火打山や妙高山の側面?にうまく反射して山と山の間を電波が通ってきているのではないかと推測されます。

今までこちらは29MHzFMは5/8λGPしか使ったことが無く、たまたま聞こえたLQJ局のCQの最中にG5RV(ZS6BKW)とGPとを聞き比べたところ明らかにG5RV(ZS6BKW)の方が信号強度が上でした。

以前G5RVを上げていた時は、24や28(29)などのハイバンドの飛びについては全く信用していませんでした。
「そんな何倍もの高調波で乗っけてる電波なんて飛んでいかないだろう」と完全に思い込みです。
海外のサイトのレポートでもハイバンドについてはロスが発生するというようなレポートもあったので、完全にそれを信じていました。

ちなみに、5/8λGPと比較を行ったところ、GPではRS51〜52くらいのレポートとなりました。
こちらも受信はGPではRS52くらいですが、やはりノイズがからんでくるとちょっと聞きずらくなってきます。

以前G5RV(ZS6BKW)を約3年も使っていながら、意外にもハイバンドも十分に使えるんじゃないかと今ごろになって実感しています。

あとはDXに対する飛びも調べてみる必要がありそうです。
現在、G5RV(ZS6BKW)のエレメントから約3mくらい上に5/8λGPが上がってるのですが、この3mの高さの差と垂直であることの打ち上げ角がどう出るか。
また、MMANAでのシミュレーション上ではG5RV(ZS6BKW)の方が28Mhzでは5/8λGPよりもゲインがあることになってますが、果たしてその辺もどうなのか、とても気になるところです。

 

スポンサードリンク



-10mFM, Antenna
-, ,

執筆者:


  1. 7M4HXT より:

    何年か前にも、妙高市~糸魚川市のQSOが出来た記載が有りましたが、今度はグランドウェーブでコンスタントにQSO出来そうでしょうか?

    • JR0GFM より:

      たしかあの時はデルタループを屋根の上に上げてたのですが、上げた位置が悪かったのかあまりにもノイズがひどくてすぐに降ろしてしまいました。
      ただあの時は短時間だったのでなんらかのコンディションの具合だったのかもしれません。
      今回は1時間にわたって安定してQSOできたのでほぼ間違いなくGWですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

10mFM秋の一斉移動・・・しかしメインはCB

昨日土曜日は仕事で疲れてダウン・・・日曜午前中には運用を開始しようと妙高高原関見峠へ。 バンド内をワッチしていると、7M4HXT/1富士吉田市移動とQSOしている局が聞こえるが、肝心のHXT局の信号が …

no image

HF帯、しばらくQRT

現在、我が家の屋根と壁を改築中のため屋根の上に這い回っているアンテナとケーブルを外さなければならなくなったため、 HF帯用のアンテナとケーブルを一時整理中である。 十数年屋根の上で直射日光や雨風、そし …

no image

デルタループの給電部

台風接近のため降ろしていたデルタループをまた上げました。 ついでに、給電部の写真を撮ってみました。 こんな感じです。 28.268のVK8VF/DarwinのビーコンがQSBを伴いながらピークで599 …

no image

第6回北陸CBロールコール

先日運用した上越市名立区名立三角台(312m)より運用しました。 キー局のいしかわAS36/9石川県羽咋郡宝達志水町 臼ヶ峰(270m)移動局とはRS41/51でQSO出来ました。 最後までワッチして …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)

移動用アンテナとして評判の高いVCHアンテナを作ってみた。 同アンテナについてはCQ誌でも何度か取り上げられているが、最新の記事としては2008年5月号の特集がある。 ここでは改良型も紹介されておりと …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。