元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CB 山岳移動

濃霧と雨と強風のSV2014@乗鞍岳

投稿日:

最近、ヤマノススメというアニメが気に入ってよく見てます。
しかし、あれですよ、今回の乗鞍岳、とてもあんなゆるふわな山行じゃありません。

今年のSVはどこにしようかとずっと考え、とりあえず天気予報次第で決めようということにしてましたが、できれば新潟県内を予定してました。
しかし26日時点での翌日27日の天気予報は北陸〜新潟県にかけては晴れ時々雨の予報。
長野県では北部も一時雨の予報でしたが、中部から南部にかけては晴れの予報でした。
ならば長野県中部周辺の山へ。
しかし、天気がいまいち心配なので、できれば1〜2時間以内くらいで登れる山か、雨が降ってもすぐにクルマなどに逃げ込めるような場所。

ということで候補に上がったのが、乗鞍岳、三峰山、霧ケ峰(車山)でした。

乗鞍岳は2007年のSVで行ってますが、チャンネルどこを回しても誰かが出ているというあの感動が忘れられず、もう一度行ってみたいとずっと思っており、今回は乗鞍岳に決定です。

さて、前日の夜に家を出て、深夜3時頃乗鞍高原に到着。
6時に起きる予定なのでかなり寝不足となりますが、まあ仕方ないでしょう。

朝6時少し前に目が覚める。
眠い・・・・・。

天気予報を見てみると・・・乗鞍あたりはお昼ごろに一時雨と!?
まぁ一時雨なら止むのを待てばいい・・・と思ってしまったこの甘さ。甘々のシュガーベイビーだったわけです。

駐車場から見える乗鞍岳は雲がかかってて何も見えない。

IMG_4499

ちょっと嫌な予感を感じつつ、切符売り場で畳平までのシャトルバスの切符を買います。
切符売り場にて山頂の天候がホワイトボードに書かれており、「濃霧、風速10m」と・・・・・。

ちょっ!風速10m!?

もうね、ここであきらめて辞めときゃよかったんですよ。
だけどタッチの差で切符買っちゃったし。

とりあえず畳平へ向かいました。

IMG_4501

IMG_4503

なんも見えない。

IMG_4508

なんも見えない。

濃霧と強風の中、ひたすら歩く。
しかも時々向かい風。
なんの苦行?

 

そしてなんとか予定通り1時間半ほどで剣ヶ峰山頂到着。

IMG_4514

しかし、山頂ではさらに風が強く吹きつけ、濃霧も雨になりました。

とても無線どころじゃないので、写真だけ撮ったら帰ろうと思いましたが、やはりせめて1局でも交信しておきたい。

苦労して登ってきた記念的なあれで。

せめて風がしのげる場所をということで、神社の岩場にて87Rのロッドを伸ばすと、やはり各チャンネルにてQSOが聞こえます。

極々短時間で聞いた限りですが、静岡やら愛知やら大阪?やら兵庫?やら。

とりあえずCQだけ出してQSO頂いたのが下記の3局のみとなりました。

 

コールサイン His RS My RS 移動地
イシカワMB79 57 57 富山県氷見市
ナガノAA601 53 53 長野県美ケ原物見石山
イシカワ4137 59 59 別所岳

ほんの7分程度の運用ではありましたが、時折大雨となり、無線機は濡れるはログは濡れてぐしゃぐしゃになりボールペンはもちろんシャープペンシルすらよく書けない状態です。
イシカワ4137局とのQSO後にどなたかに呼ばれてたような気もしましたが、とてもじゃないけどQSO続行は無理でした。ごめんなさい。

早々にロッドをたたみ、下山です。

晴天の中、乗鞍でのパイルを夢見ていたのですが、とても無理でした。

また、CBの他に特小と1200MHzハンディと5エレも持っていったのですが、あの風雨の中ではCBのロッドを伸ばすがやっとです。

無事畳平まで下山したものの、体中ずぶ濡れで、凍えて震えながらバスターミナルのストーブで暖を取りました。

バスで乗鞍高原へ下り、冷えきった身体を暖めるべく予め調べておいた温泉「せせらぎの湯」へ。

駐車場から500mくらい歩きますが、無料でありながらなかなかいい温泉でした。

IMG_4525

駐車場に戻り、ふと乗鞍岳方面を見ると・・・

IMG_4526

山頂見えてるじゃねーか!おい!

 

いつかきっとリベンジしたいと思います!

スポンサードリンク



-CB, 山岳移動
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

秋の一斉オンエアデイ@大毛無山

秋の一斉オンエアデイでは、旧新井スキー場の上、大毛無山(1429m)に移動した。 Webで調べるとどうやら登山道も整備されているようで、時間も1時間程で登れるとのこと。 翌日は仕事も控えているのであま …

no image

物見石山移動

午前中は8J0MYOKOを運用し、午後は突然美ケ原の物見石山に行きたくなったので急遽移動開始。 先週の麦草峠移動の帰りに美ケ原に寄り、物見石山周辺を見てみて結構面白そうだったので近いうちにまた来ようと …

no image

CB移動@名立

ニイガタIS50/多宝山の迎撃に、上越市名立区名立三角台(標高313m)へ移動。 駐車場から舗装道路を400mほど歩いて登り、さらに280mほど遊歩道を登ってゼエゼエ言いながらなんとか到着。 ニイガタ …

no image

【CB】久々のEs交信

Esが出てもなかなかタイミングが合わなかったのですが、ようやく今シーズン初のEs交信が出来ました。 局 His RS My RS 備考 クラシキFV223 55 51 倉敷市 オカヤマTH26 54 …

no image

【CB・特小】関見峠移動、特小1mWで北横岳とQSO!

秋分の日の本日、ここんとこ立て続けの山岳移動はお休みして、地元妙高市赤倉の関見峠に移動してきました。 気持ちよい秋晴れの天候の中、CB1chでCQを連呼していると、長野県茅野市北横岳山頂移動のナガノA …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。