元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

6m Antenna

6m 6エレ八木が上がりました

投稿日:

以前、10mFMでお世話になっているJI0LQJ局より6mの6エレを譲っていただいたものの、なかなか上げるタイミングが合わず、結局2年ほど物置に放置してしまってました。

なにしろ私は山頂以外の高い所はあんまり得意ではないため、コン柱の上にアンテナを設置するとなると、従兄弟のMr,K.GことニイガタKG29にお願いするしかないわけです。

このお盆にK,Gは帰省してきており、今度こそ6エレ上げようと計画していましたが、結局お盆休み期間中は天候が優れず、またもや無期延期に・・・。

あぁ、秋のコンディションがぁぁぁ・・・。

 

もうこうなったら、自分で頑張って上げるしかない!

アンテナそのものはもう組み立てて屋根の上に転がってるのであとは上げるだけではあるのですが、できれば現在上がっている6m/10m GP(CP610)の6mの調子が悪いので一旦降ろしてメンテナンスしたいのと、8DFBの同軸で繋いでるので、ローテーターで回すとなるとあんまりよろしくないため8D2Vあたりの同軸に交換したいと思ってました。

親戚のK,G実家に行き、彼ご愛用の安全帯とロープと滑車をお借りし、いざコン柱へ!

まずはGPを降ろすべく、腰に滑車とロープを付け、コン柱へ上がり、そしてマストによじ登る・・・・・・。

 

怖い・・・超怖い・・・・・。

 

コン柱のてっぺんあたりなら、今上がっているワイヤーアンテナをくくり付けてるのでなんとか上がれるのですが、いざマストによじ登るのはものすごい恐怖。

安全帯があるから手を放しても大丈夫とは頭でわかっていても、もう両腕でマストにしがみつく。

下を見たら負け。絶対負け。なので下は見ないようにし、できるだけ自分は高い所に登っているということを思い出さないようにする。

うっかり周りの景色なんか見渡した時には、しがみついてる腕により一層の力がこもります。

 

とりあえず、マストに付けてあるステップに滑車を掛け、そしてさらに上に登ってGPの金具を緩めないと・・・・・・・・・・無理。

 

そうこうしているうちに腰に付けたロープがするりと落下・・・。

 

いずれにしても一旦降りないといけないので屋根上へ。

 

下から見上げれば簡単にマストの上まで行けそうなんだけど、いざマストを登るとそれができない。

 

しばらく下からGPを見上げ、もう一度ロープを腰に巻き付けてコン柱からマストをよじ登る。

ロープを滑車に通し、そして約2m先のGPの取り付け金具を眺める・・・・・・・・・・。

 

 

やっぱり無理・・・・・。

 

 

仮に金具を緩めることに成功したとしても、一人でGPをするするっと下に降ろすことが出来るのか?

また仮にGPを降ろせたとしても、一人でまた上げることが出来るのか?

それを考えたら諦めることにしました。

 

K,Gが帰ってきたらお願いすることにしよう・・・・・。

 

さて、屋根上で6エレをロープにくくりつけ、そして一旦引っぱり上げて高い位置でSWRを測定という作業を何度も繰り返し、結局50.00〜50.50あたりまでSWR1.7くらいと高めではありますが、もうこれで妥協します。

 

いよいよアンテナをマストに固定。

コン柱からマストによじ登り、やっとの思いで6エレとご対面。

そして腰に付けたUボルトをつかもうとした瞬間・・・・・・・Uボルト落下・・・しかも2つとも。

 

あぁぁぁぁ・・・・・・・・・・。

 

1個は庭に落ちたものの、もう一個が行方不明。

さんざん庭を探し、いよいよホームセンターに買いに行かなきゃならないか?と思ったその時、屋根の上で同軸ケーブルに引っかかっているのを発見。

かなりの時間をロスしてしまいました。

 

さて、今度は落ちないように胸ポケットに入れ、もうマストをよじ登るのはこれで最後にしようと思いながら再びマストへ。

 

慎重に胸ポケットからUボルトをとり出し、一本目をクロスマウントに差し込む。

胸ポケットからワッシャーとナットをとり出し、ナットを口にくわえ、ワッシャーを差し込み、そしてナットをゆっくりとボルトに差して回す。

これを落下させたらまず見つからない。ホントにホームセンター行きになるので今日中には作業が終わらなくなってしまう・・・。

そんな緊張を繰り返して無事に2本のUボルトへ計4個のナットを締めることが出来ました。

 

6エレには8D2Vの同軸ケーブルをつなぎましたが、ローテーターの回転時にできるだけ負荷がかからないようGPの8DFBと一緒にかなり多めに余裕を持たせて固定しました。

とりあえずこの状態で何年も使わなければ大丈夫でしょう。

 

 

というわけで、なんとか一人で上げた6mの6エレ。

IMG_5001

これでようやく6mマンの仲間入りです。

 

ちなみに翌日は身体中がが筋肉痛でした。

 

 

スポンサードリンク



-6m, Antenna
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VK8とSSBにて0.5WにてQSO

土曜の午後、50MHz帯をスキャンさせてるとVKのビーコンが聞こえ始め、さらに50.160MHzにてVK8GMがSSBで強力に入感。 これなら0.5Wでいけるか?と思い、アンテナをFT-817NDに繋 …

no image

そしてZS6BKW版G5RVへ

前のエントリーにてオリジナルのG5RVを制作したが、思った以上にSWRが高いことが気になった。 そこでいろいろ調べていくうちにZS6BKW版のG5RV(と呼んでいいのかわからないが)の存在を知った。 …

no image

バターナット冬囲い

先日初雪が降り、積雪も10cmほど積もりまして、いよいよ厳しい冬への突入です。 毎年悩むのがバターナットをどうするか。 最初に設置した年はよりにもよって大雪となり、ラジアルは全て切れ、給電部を1.5m …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その2 制作編)

まずはコイルのボビンとなるペットボトルの穴開け作業から。 ポイントとしては底部の穴開けの際、竿に通して上から1.5mくらいのところで止まる大きさにする。 くれぐれも開けすぎに注意。 さらに、銅線を通す …

4:1バラン給電部

84m長水平ループ「Loop Skywire」アンテナの製作

HF用のアンテナをButternut HF9V → G5RV(ZS6BKW) → Butternut HF9V・・・と繰り返し、昨秋にはG5RV改造のW5GIアンテナを上げていましたが、どうもW5GI …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。