最近のJT65の0.5Wでの成果

スポンサーリンク

しばらくJT65はお休みしてましたが、またちょっと復活しました。
出力は相変わらずの0.5W(500mW)QRPpです。
アンテナは28MHzは15mhの5/8λGP、50MHzは12mh 6エレです。

まずは1月27日、10mにてPolandのSQ8BGR。
ー21dB頂きました。

20150127_10m_SQ8BGR

eQSLも無事に確認。
_cfimg-609276867429406472

 

続いては同じく1月27日、10mにてUX7LT、ウクライナです。
ー1dBと強力に入感しており、こちらは-11dBのレポートを頂きました。

20150127_10m_UX7LT

 

最近は午後になると6mもVK方面がよくオープンしております。
1月31日に6mにてVK4UH。
しかし、6mの6エレのSWRが少々高かったため、チューナー内蔵のIC-756のパワーを左に絞りきってのQSOですので一応1Wとなりますが、計ってみたらやはり0.5Wくらい出ておりました。
20150131_6m_VK4UH

 

2月1日、10mにてRN5AA。RN5だからヨーロッパロシアでも東寄り?と思ってましたが、調べたらモスクワでした。

20150201_10m_RN5AA

_cfimg-8200888603369655103

 

JT65の人口が増えたせいか、なかなか0.5WではEUやら南米あたりまでは飛んでいってくれなくて、思わずFT-817NDのパワー切替ボタンの誘惑に負けそうになってましたが、2月2日にようやく久々に南米チリCX5ABMとQSOできました。
18,624km!

20150202_10m_CX5ABM

 

ちなみに、ちょうど昨年の今ごろとなります2014年2月22日に10m 0.5WにてウルグアイのCX8AFとQSO出来ており、それ以来の南米となります。

_cfimg6627594168296205494

 

0.5WでDXとか、夢のまた夢と思ってましたが、JT65というすばらしいモードでそれが実現しております。
長生きしててよかった。(4回目の年男)

JT65, QRPJT65, QRPp

Posted by JR0GFM