元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CW

【和文CW】あっさりしすぎるファイナル

投稿日:

昨夜、久々に3.5MHzにてCQホレを打ってみました。

最初に呼んでいただいた局とのQSOで、お久しぶりであることと、軽く天気の話しなどを送ったところ、相手局も軽く天気の話しで返していただいたものの、そのまますぐにファイナルを送ってこられました。

もう22時だし、これと言って話題もないからまあいいかと思い、こちらからもファイナルを送ろうとすると、なんといきなり複式キーの接点が接触不良のような状態になり、符号が打てなくなり、急遽エレキーに切替え。

符号が乱れたこととしばらくお待たせしてしまったことをお詫びし、そしてファイナルを送ったところ相手局から。

「TU . .」のみ。

えっ!?

まぁどうしても和文というのは冗長になりやすいので出来るだけシンプルに送るのがいいとは思うのですが、さすがにこれだけでは「!?」となってしまいます。

私のほうでなにか失礼があったのかもしれません。

キーの不具合によるエレキーへの交換で手間取ってしまったからか?、それでも交換の時間はジャックを差し替えただけなのでせいぜい5秒くらい。先の複式キーによる打鍵が下手すぎて伝わらなかった?いや、自分ではすごく丁寧に打ってるつもりでした。
もし下手すぎるならCQの時点で呼んでこないでしょう。

よほどお急ぎの用事があったのかと思うしかありません。

 

それにしても最近ちょっと調子の悪いこの愛用のキーですが、接点磨いてもイマイチな感じです。

key

そろそろGHDさんあたりの複式キーが欲しい・・・・・。

 

スポンサードリンク



-CW

執筆者:


  1. Yoh より:

    初めまして。

    全く同じ電鍵を使用しています。

    接点不良とのことですが、わざとハードヒットすることで接点はクリーニングされますので
    今まで接点不良はありません。 < よく考えられていますネ。
    不調な時は軸受け側を清掃することで解決しますヨ。
    バイブロのようにレバー部とベース部?を直接電線でつなげば更に安心出来ますね。

    それより気になるのがレバー部を磨いた後、塗油するとレバーと鋸歯が密着してしまい
    軽いタッチが実現できなくなることです。
    粗めのペーパーで傷を付けるくらいでは改善せず、極細テグスを鋸歯とレバーの間に挟んで
    隙間を作り現在使っています。

    それではまたお空でお会いできましたら宜しくお願いいたします。

    • JR0GFM/ニイガタYM016 より:

      コメントありがとうございます。
      この複式キーとネバリ防止装置を愛用しております。
      あれから結局、銅箔テープをノコ歯に貼り付けまして、それから調子よくなっています。
      軸受け側の清掃ですか、こんどやってみたいと思います。
      どうもありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

3.5MHzにて

バターナットは1.9MHzでは100W以上ないと使い物にならないということがよくわかった昨今ですが、では3.5MHzならどうだろうか?と、また久々にCQホレなんぞを出してみました。 しかし・・・・・空 …

no image

1.9MHz CWのトーンが汚い件。

以前、FT-102で1.9MHzに出ていたら、トーンがブザーの音のようだというレポートをいただいたり、RSTが597だったりとどうもトーンがおかしい感じでした。 たまたま昨日、1.9MHzでCQなんぞ …

no image

8J0MYOKO

そーいえば、6月9日〜6月15日まで運用が許可されていたのでした。 詳細はこちら。 8J0MYOKO 運用情報 「妙高市合併3周年記念・新潟県支部大会妙高開催の特別局」とのことです。 とりあえず1.9 …

no image

CWとKraftwerk

Kraftwerkのアルバム「放射能(Radio Activity)」のタイトル曲にCWが使われており、その曲の歌詞をそのまま打電されているのだが、最後だけ歌詞と違って打たれている作品がある。 そして …

no image

最近は聞いてばっかりで

最近はなんだか和文CWのQSOを聞いていることが多く、電波はあまり出していない。きれいな聞きやすい符号はいいのだが、癖のあるのはダメ。コールサインを打つのに「J」と打つはずが「EO」とかになってたり、 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。