元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

Antenna

受信用にT2FD

投稿日:

先日、受信用にとT2FDを張りました。
Imgp0291
↑ちょっとわかりずらいかな?
一昨年、バターナットを上げる前に、とりあえずHFを楽しみたいということで上げていたT2FDですが、これがまた笑っちゃうくらい飛ばないんです(笑)
いろいろ調べたらパワーの3割くらいは熱に変わっているとのことで、その上さらに打ち上げ角が高いもんだからほんとに国内QSO用でしょう。
それで某所でバターナットの中古を見つけてT2FDは下ろしてしまったんですが、バターナットもよく聞こえるしよく飛ぶのは良いんですが、垂直径のためかノイズを拾いやすいんですね。
さらに、ハムバンド外になると著しく受信感度が下がるわけで、元BCL/SWLerの私としては(笑)ちょっと寂しい思いをしていたところでした。
そこで、一昨年、バターナット設営とともに下ろしてしまったT2FDをもう一回張ることにし、さらに、バターナットにつないでいたケーブルをT2FD側にし、バターナットには新たに新品5DFBをつなぐことにしました。
さて結果は・・・。
ハムバンド内に関してはさすがにバターナットより感度は落ちます。
バターナットで弱い信号はT2FDでは聞こえません。
しかし、特にローバンに関しては、バターナットでノイズに埋もれていた局をT2FDに切り替えると浮き上がって聞こえてきます。
そしてもちろん、ハムバンド以外の放送やユーティリティー局の信号も格段に上がりました。
バターナットとの距離もそれほど離せなかったのですが、水平対垂直のせいかほとんど干渉は感じられませんでした。

スポンサードリンク



-Antenna

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

G5RV(ZS6BKW)アンテナの復活

昨年の秋にG5RV(ZS6BKW)を降ろしバターナットを復活させましたが、やはりどうも飛んでる気がしない。 毎年秋には毎回ピコ14Sで参戦しているWW DX TEST CWも、前年のG5RV(ZS6B …

no image

フィールドテスト

名立三角台にてフィールドテストを行った。ザックに荷物を詰め、それを担いで駐車場から登っていく。ただし、バッテリーは当日キャリーカートで引っ張っていく予定なので持って行かない。さすがにCBだけ持って登る …

no image

第一電波CR8900の51MHz帯のSWR

第一電波(ダイアモンド)の29MHz/51MHz/145MHz/433MHzの4バンドモービルホイップCR8900ですが、10mは先端で調整出来るものの6mは基本的には無調整と言うことになっています。 …

no image

渋峠移動と10mFMモービルアンテナ比較

消費税8%にアップすることよりも、ガソリンの暫定税率をなんとかしてほしいと心から願うJR0GFM/ニイガタYM016です。 こんにちは。 9月29日、渋峠に移動してきました。 いたばしロールコールが長 …

no image

6m 6エレ八木が上がりました

以前、10mFMでお世話になっているJI0LQJ局より6mの6エレを譲っていただいたものの、なかなか上げるタイミングが合わず、結局2年ほど物置に放置してしまってました。 なにしろ私は山頂以外の高い所は …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。