元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10mFM

10mFM 妙高〜糸井川間が繋がる

投稿日:

先ほど、29.30MHzを聞いていたら糸魚川のJI0LQJ局のCQが聞こえてきました。
呼んでみると51/53でなんとかQSO。
時折このバンドでのGW伝播特有の細かいフェージングを伴いながらの交信でした。
ここから糸魚川市は間に妙高山があって回折するにはちょっと高いのでとても厳しかったのですが、コンディションの関係か突然聞こえてきてびっくりです。
こっちのアンテナはデルタループで、糸魚川方面はサイドになるんですが、おそらくどこかの反射なのかもしれません。
自宅にいる時は29.30MHzを聞くようにしているのですが、聞くだけじゃなく積極的にCQを出す事も大切ですね。
誰もいないバンドだからいくらCQを出しても「しつこい!」って怒られるような事も無いし(笑)

スポンサードリンク



-10mFM

執筆者:


  1. 7M4HXT より:

    GFM局、ご無沙汰していますが今年も宜しくお願いします。
    LQJ局と10mFMでQSO出来ましたか。
    自分も仕事帰りのモービルで山梨県甲斐市と南アルプス市に架かる釜無川の開国橋の上だけですが、長野県下伊那郡高森町のJE0GCZ局といつも59.59でQSO出来ます。間には2000m以上の南アルプスが有りますが水面反射の影響か山を回折します。
    固定から垂直4ELでGCZ局を聞いてもメリット3からノイズレベルのQSBでした。
    10mFMの伝搬は他のバンドではQSO出来ない所とQSO出来る回折がよく有りますね。

  2. JR0GFM より:

    今年もよろしくお願いいたします。
    59-59でつながるというのはすごいですね。
    今カシミールで調べてみましたが、確かに間には2000m級の山があるので、回折はむずかしそうですが、高森町からですと後ろの山の反射と、大鹿村方面に出る谷の反射などを繰り返し、さらに川の水面の反射も手伝って伝播しているのかと思われますが、いかんせん電波は目に見えないのでなんともいえません。
    このバンドはV・UHFとは全然違った飛び方なので、ホントにやめまれませんね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木曽駒ヶ岳山頂にて10mFM運用

【CB,29MHzFM,1200MHz】木曽駒ヶ岳三座(中岳、木曽駒ヶ岳、宝剣岳)移動

今シーズンはなかなか休みと天気のタイミングが合わず、まだどこの山にも登っていなかったため、そろそろ「1200MHzで飛ばしたい病」が始まってきました。 Twitterで↑こんなことつぶやきながら、週末 …

no image

10mFMヘリカル、HA-2号もう一本作る

どうも最近HA-2号の調子が悪いみたいなので、SWRを計ってみるとかなり高い。 共振点が31MHzくらいになってるし。 そこで思い切って熱収縮チューブを剥がして中を見てみるとこんな状態に。 下のアース …

no image

29MHzFM初夏の移動サービスデー 高峰高原編

初夏と秋の年に2回行われる10mFM移動サービスデーに、今回は久々に本格的に参加しました。 まず移動地は高峰高原から北東にちょっと行った三方ヶ峰付近を予定し、そこへ向かいます。 現地に入る林道の入り口 …

【10mFM】妙高市関見峠から10mFMにて千葉県市原市と繋がる

新潟CBロールコールが終わり、丸山から下山して車の中で身体を暖めながら10mFMでCQを出したら、上越市のJE0DHZ(ニイガタYS112)局よりコール。 さきほどの新潟CBロールコールの話を中心に近 …

no image

29MHzFM VK4入感

上越市をクルマで走行中、29.300にて弱いながらもDXっぽいCQが入感。 QSBの浮上時になんとか聞き取れたのがVK4のコールサイン。 呼んではみたけど、やっぱりダメだったようでした。 だけど久々に …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。