元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10mFM Antenna

Super 10FM II を復活などさせてみる

投稿日:

もう10年以上前・・・いや、20年近く前かもしれないが、サガ電子の1/2λセンターローディングのスーパー10FM IIを手に入れ、クルマに付けて走り回っていた。
最初はフック基台に付けていたが、その後少しでも地上高を上げようとフック基台用マストを入手し、そこに付けようとしたらSWRがやたらと低い周波数に同調してしまい、29MHz帯に合わせるために下側のエレメントをかなり切ってしまった。
マストに付けていた頃はそれでよかったが、切ってしまったエレメントはまた戻すことも出来ず、その後いろいろアンテナを取っ換え引っ換えしているうちにジャンクとしてずっと放置されてしまった。

先日まで1/4λフルサイズを付けていたが、長さが約2.6mでフック基台に付けていても地上からは3mを越えてしまい、立体駐車場に入るのはもちろん、ほとんどのゲートすらくぐれなくなってしまった。
しばらくダイアモンドのCR8900一本のみにしてみたりもしたが、やはり飛びがイマイチ信用できない。

そこで、スーパー10FM IIの存在を思い出し、切ってしまった分のエレメントを補えるようなステンレス丸棒(4φ)を探し求め、ホームセンターのハシゴを決行。
地元のスーパーセンタームサシでもステンレスの丸棒は3φと5φならあるのに、なぜか4φだけが無い。長岡のムサシでも同じ。そして結局新潟市のスーパーセンタームサシに行って探してみると、さすが県下最大のホームセンター、しっかり在庫してあった。
直径4φ長さ1mのステンレス丸棒250円を購入し、早速駐車場にて接続。
SWRを計ってみると最低点が29.40MHz付近で1.5。29.30でも1.7くらい・・・まぁいいか・・・。

全長が1.95mで地上からも約2.4mとなった。

IMGP1420.jpg

1/4λフルサイズと比べて飛びはどうだか不明で、昔使っていた時もどの程度の飛びだったかについては全く覚えていない。
確か利得も2dbくらいだったように思うが、そのあたりはあまり信用していない。
1/4λと大差ないくらいだったらこっちの方が短いので有利だろう。

しばらくは他のアンテナといろいろ比べてみたいと思う。

IMGP1428.jpg

ちなみに海の向こうに見えるのは粟島。
なぜ笹川流れで撮影してるかとかはさておいて・・・・・。

スポンサードリンク



-10mFM, Antenna

執筆者:


  1. JR0IVN(ナガノAA601) より:

    やっぱりSuper 10FMⅡは長いですね。
    自分も以前使っていましたが、長すぎちゃって・・・。
    これだけ長いと、なかなか街中はしんどいですね。
    でも、送受信ともFBだったような気がします。
    残しておけば良かったぁ。
    今は1m程度のCBヘリカル改です。

  2. JR0GFM より:

    それでも1/4λフルサイズに比べれば(笑)
    近々(明日あたり?)他のアンテナとの比較のために長野県のどこかに移動するかもしれません。
    もし聞こえてましたらよろしくお願い致します。

  3. JR0IVN(ナガノAA601) より:

    今日はテストの為、移動運用されたんでしょうか?
    タイミングが合わずにQSOできず、残念でした。
    また、よろしくお願い致します。

  4. JR0GFM より:

    はい、軽井沢と高峰高原に移動しました。
    帰りに東御市〜上田市あたりで誰かの信号が聞こえ、ヘッドライトを消したら松澤さんでした。
    ライトを消して走るわけにもいかず、またちょうどいい駐車帯もなかったためコールするのは諦めました。
    夜の走行時はHIDライトから発生するノイズに悩まされています・・・。
    レポートの詳細は後ほどアップ予定です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ZS6BKW版G5RVの300Ω平行フィーダーを450Ωフィーダーに交換してみた

ZS6BKW版G5RVに使用している300Ωフィーダーだが、もう少し太ければ各バンドのSWR同調点の帯域が広がり、使いやすくなるのではないか?と常々思っていた。 たまたま450Ωのフィーダーを扱ってい …

no image

DIAMOND(第一電波)の新製品28MHz(10m)センターローディングモービルホイップが気になる

今月中旬より、第一電波HF-CLシリーズのハイバンド用ホイップが加わった。 第一電波の新製品情報 (注:上記リンクは2012年1月27日現在) 中でも興味深いのが28MHz用のHF10CL 。 全長2 …

no image

29MHzFMでの回折

今日29日は29MHzFMの日・・・というわけでもないんですが、今日は十日町の某結婚式場にて音響の仕事でした。 帰りになにげに車に積んであるFT-8900Hのスイッチを入れると、29.30MHzにて7 …

【10mFM】妙高市関見峠から10mFMにて千葉県市原市と繋がる

新潟CBロールコールが終わり、丸山から下山して車の中で身体を暖めながら10mFMでCQを出したら、上越市のJE0DHZ(ニイガタYS112)局よりコール。 さきほどの新潟CBロールコールの話を中心に近 …

no image

10mFMの昔話

私が初めて10mFMにQRVするようになったのも冬の今頃の季節だったと記憶しています。おそらく23〜25年くらい前でしょう。ヨーロッパ輸出向けのCB機を改造し、終段も差し替えて出力も3W出るようにした …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。