Logger32でログを追加する

スポンサーリンク

国内QSOはTurboHamlog、そしてDX QSOではLogger32と使い分けています。

しかし、QRPでの交信とQRP以外の通常の交信がいっしょくたになっているため、例えばQRPだけでDXCCがどれくらい出来ているのか等を把握するのが難しい状況となっていました。

そこでLogger32のログをQRPと通常の交信とに分けることにしました。

メニューや設定から簡単に出来るものかと思ったらそうもいかず・・・。

少々手間がかかりましたので備忘録も兼ねて。

 

まずは日本でLogger32をサポートしてくださってるJA1NLX局のサイトを大いに参考にさせていただきました。

 

必要なもの。

Logger32

ADIF to Excel to ADIF Converter (http://dl1hw.darc.de/adif_en.html)

Microsoft Excelと少々のExcelスキル(Open Office等の互換ソフトでは未検証ですがたぶんダメだと思います)

ADIF to Excel to ADIF Converterはその名の通りADIFをExcelに変換し、Excel上で修正等を行い、それをまたADIFに変換してくれるという優れものです。

 

さて、まずはLogger32のログをADIFでエクスポートします。

ファイル名はわかりやすければ何でもいいのですが、私の場合は日付と自分のコールサインにしました。

エクスポートしたら一旦Logger32を終了させます。

そしてエクスポートしたadifファイルをADIF to Excel to ADIF Converterで開きます。

下の図のような赤丸で囲んだTo Excelの矢印がボタンになっていますのでここをクリックして先ほどエクスポートしたadifを開きます。

交信局数が多いと少々時間がかかります。

読み込みが終わると下のほうにあるタブのLOG1かLOG2かLOG3あたりに読み込んだログがあるはずです。(デフォルトがどうだったかは覚えていません…)

次に、V列のTX Powerの列を選択します。

並べ替えとフィルターから昇順を選びます。

選択範囲を拡張するというダイアログが出ますので、「選択範囲を拡張する」を選んで「並べ替え」ボタンをクリック。

無事に並べ変わりました。

次に5W以下でのQRP交信をすべて選択します。

私の場合はQRPと0.5W以下でのQRPpとを分けたかったのでまずはQRPpでの交信だけ選択しました。

1行目から選択します。

そして選択したものを下のタブからもう一方の余っているシートにペーストします。

なお、TX Powerが「1」の次に「100」が来てしまい、100の後に2Wや5Wでの交信が来てしまいますので、選択する際にはその都度コピー&ペーストします。

ペーストしたら元のシートは右クリックで削除しておきます。

次に、Convertのシートに戻り、「To ADIF」の矢印をクリックします。

その際のファイル名はわかりやすいように「自分のコールサイン_QRP」とかにしておきます。なお、ファイル名に「/」が使えませんので、例えば「JR0GFM/QRP」という名前は付けられません。

これでQRP(QRPp)での交信だけのADIFファイルが出来ました。

作業はまだまだ続きます(がんばれ!)

Logger32をインストールしたフォルダを開きます。

通常はCドライブのProgram Files (x86)の中にLogger32のフォルダがあるはずです。

その中の下記の4つのログのファイルを一旦デスクトップ等に退避させ、Logger32のフォルダ内にこの4つのログファイルが残らないようにします。

LOGBOOK32.isd
LOGBOOK32.isf
LOGBOOK32.isl
LOGBOOK32.ism

デスクトップ等に退避させたらLogger32を起動させます。

ログが空っぽの状態で起動されました。

そして「ファイル」メニュー「ログのインポート」「ADIF(.adi)ファイル」を選び、先ほどコンバートしたQRP(QRPp)のadifファイルを取り込みます。

下のようなダイアログが出ますので「Ignore PFX field from important file」と「Add IOTA numbers to QSOs」にチェックを入れ「Start」。

なにも問題なければそのまま読み込まれますが、もしエラーが出てしまった場合。

「OK」で一旦ダイアログを閉じ、ADIF to Excel to ADIF ConverterでLogger32のインストールフォルダ内にあるBAD.adiを開いてチェックします。
大概の場合は、バンドと周波数が違ってたり、Logger32に設定されているバンドプラン以外の周波数やモードのQSOだったりすると思います。
それを修正したらまたADIFに書き出してLogger32でインポートするという作業を繰り返します。

無事にエラーが出なくなったら、ちょっとここからはトリッキーな作業なのですが、一旦Logger32を終了させ、Logger32のインストールフォルダ内に新しく作られたLOGBOOK.isd、.isf、.isl、.ismの4つのログファイルのファイル名を書き換えます。

私の場合はまずQRPpでの交信でしたのでLOGBOOK32のファイル名をそれぞれJR0GFM_QRPpとかに4つとも書き換えました。

再度Logger32を起動させるとまたログが空っぽになってます。

そこで「ファイル」メニューから「ログの切替」を選ぶとログを選択するウインドウが出てきます。

そこから先ほど書き換えたファイル名のログファイルを選んでApplyをクリックすると無事にログが表示されますが、「データベースの同期がとれません」というダイアログが出ますので一旦OKし、

「ツール」メニュー「データベースのメンテナンス」から「再集計 (recalc)」を選べばOKです。

 

以下、この要領で通常のQSOやQRPでのQSOを追加していきます。

なお、私の場合は通常のQSOだけはLOGBOOK32のファイル名は変更せず、そのままの状態にしておきました。

これで通常のQSOとQRP、QRPpでのQSOでそれぞれログを切り替えて使用することが可能となりました。

おつかれさまでした。(長かった・・・・・)

 

 

DX, QRP, 未分類

Posted by JR0GFM