元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

Antenna

フィールドテスト

投稿日:

名立三角台にてフィールドテストを行った。
ザックに荷物を詰め、それを担いで駐車場から登っていく。
ただし、バッテリーは当日キャリーカートで引っ張っていく予定なので持って行かない。
さすがにCBだけ持って登るのとはわけが違うが、それでもなんとか登りきることが出来た。
思ってたほど体力が衰えてたわけじゃなさそうだ。

さて、三角台に到着し、VCHアンテナを組み立てて調整。
7MHz、10MHz、14MHzともいい感じでSWRが落ちてくれた。
今回はコイルのすぐ下でエレメントをギボシ端子で繋ぎ、そこを外すことによって21MHzにも同調させようと企んだ。
SWRが1.5・・・・・おそらくラジアル線の関係かもしれない。
当日は継ぎ足し用の多少のエレメント(ACコード)を持っていった方がいいだろう。
他のバンドにも同調させようとエレメントを折ったりしてみたが、イマイチ芳しくない。
ハイバンドは素直にDPとかにしたほうがいいようだ。
そこで考えたのが、バランを竿の中央あたりにくくりつけて、そこから片側3m+3mくらいの線を引っ張れば24MHzで使えるはず。
途中、2.5mと1.5mの位置で切断してギボシ端子を付ければ10mと6mでも使えるのでは?
明日か明後日に再度テストしてみよう。

結局今日はアンテナテストのみで運用はなし。

スポンサードリンク



-Antenna

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

6m/10m デュアルバンドヘリカルアンテナの製作

以前、富山の局より頂いた6m/10mのデュアルバンドヘリカルを使用しておりました。 このヘリカルは、その富山の局がとあるOM局より頂いたものの、ご自分の車ではSWRが落ちなかったため、もしうまく使えた …

no image

デルタループの給電部

台風接近のため降ろしていたデルタループをまた上げました。 ついでに、給電部の写真を撮ってみました。 こんな感じです。 28.268のVK8VF/DarwinのビーコンがQSBを伴いながらピークで599 …

no image

430MHzバイコニカルアンテナを作ってみた

QSBが少なく安定したQSOが出来ると定評のバイコニカルアンテナですが、メーカー製のコメットのCBC-70ですと実売で¥8kくらいしており、430MHzのモノバンドでその価格だとちょっと手を出しづらい …

no image

ヘリカルアンテナ HA-2を再調整

以前、全長1.5mほどのHA-2を作ってみたもののどうもイマイチSWRが1.7くらいまでしか落ちず、またSWRも高いせいか飛びもいまいちなので結局そのまま放置してました。 気付けばあれから3年。当時2 …

no image

春のButternutメンテナンス

冬に入る前に雪囲いをした我がButternutですが、今年は予想に反して積雪もたいした事なく、そのまんまの状態でも全然大丈夫だったような感じだったのですが、それでも隣の家からの除雪機による投雪からは守 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。