元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

QRP

P-7DXへのPF-1取り付け

投稿日:

以前ミズホのピークフィルターPF-1(PF-1Aではありません)を入手し、取説もろくに読まずにP-7DXに取り付けたものの、どうも音が歪んでしまってイマイチだったのですがそれもそのはず、取り付け場所を間違ってたのでした(笑)

以前はイヤホンジャックの端子からPF-1に入力し、出力はスピーカーにつないでました。

PF-1の取説をもう一度よく読み直すと、「受信部に組み込む時は、検波段の次に入れる」とのこと。
なるほど、今まではAFアンプの後に入れてたわけだからそりゃ歪むわけです(恥)

P-7DXの回路図を追いながら本体の配線を追ってくと、VRの端子に繋がっている灰色のコード(私のセットの場合は灰色と言うより薄い緑っぽい色)が検波段からの出力となるのでそれをVRから外し、PF-1の入力である青いリード線に繋ぎました。そしてPF-1の出力である白いリード線は灰色のリード線が繋がってたVRの端子に接続します。

あとは、2本の黄色いリード線は500kΩのVRに繋ぎ、赤と黒はそれぞれ電源です。

元々このセットにはピークフィルターを取り付けることを前提としているようで、セットの背面にはピーク周波数可変VR用の穴が空けられており、そこに500kΩのVRを取り付けました。
さらに、移動運用にも使えるようにと電池ケースも入れてみました。

FT-817NDとかでの移動運用もいいんですが、やはりこういったシンプルなQRPpなセットでの移動運用の方が個人的には楽しいと思うのです。

 

早速受信してみましたところ、快適に受信出来ています。

 

スポンサードリンク



-QRP
-

執筆者:


  1. JK7UST より:

    こんにちは。
    私もP-7DXにPF-1を入れて使っています。
    これがあるのとないのでは大違いですね。
    私のP-7DXは周波数表示がシルク印刷ではなく、説明書に印刷してあったものを切って貼る、初期のタイプでした。
    初期タイプは背面に穴は開いていないので、P-7DXの設計当初からPF-1を入れることを前提にしてP-7DXを作ったのではないと思います。
    しかし、混信問題が結構指摘されたので、後になって、PF-1を内蔵することを考えたようです。

    • JR0GFM より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      どうやら私のP-7DXも最終ロット品のようで、このあたりの製品には背面のVR用の穴が開けられているようですね。
      ネット上でもいろいろ調べてみましたが、ラダータイプのIFフィルタを組み込まれたOMなど、みなさんいろいろ楽しんでいらっしゃるようです。
      ユーザーがいろいろ組み込むことを想定してか、ケース内に余裕を持たせて設計されてるようですね。

  2. JK7UST より:

    ラダー型クリスタルフィルターは何年のハムフェアか忘れましたが、ミズホ通信で研究用材料セットとして販売していました。
    購入して手元にあるので、いつかは組み立てて使いたいと思いながら、この年になってしまいました。
    アナログVFOのリグは音がきれいで好きです。P-7DXはシングルコンバージョンですし、いいリグですね。
    ぜひ2Way P-7DXで交信しましょう。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

10mFM QRPp 100mW機 ZERO1000-29を発掘!

そう言えば昔「発掘あるある大辞典」って番組があったような気がしたけど、どんな番組だったのか全然思い出せません。 気になったので調べてみたら思い出しました。ねつ造で打ち切りになったんでした。 それ以来、 …

MIZUHO P-7DX

2017年のQSOパーティーはMIZUHO P-7DX 0.5Wにて参加

「できるだけQRP」で参加しているQSOパーティーですが、例年ですと2日か3日のどちらかに用事があるため参加できるのはどちらか一方だけでして、P-7DX(7MHz 0.5W)で半分、FT-817NDで …

no image

ピコ14復活

液漏れで悲しい姿になってしまったピコ14ですが、新品ケースを手に入れ、見事復活しました。 JimブランドだったのがMIZUHOブランドになっています(笑) 机の引き出しからオプションの水晶を引っ張り出 …

no image

第1回及び第2回対馬移動記を掲載

1988年の第1回対馬移動記と、1996年に行われた第2回壱岐/対馬移動記を掲載した。 これは、1995年、1996年に露組ねっとが「月刊露組ねっと(不定期刊)」として発行していた小冊子に掲載した手記 …

no image

18MHz CW 0.5WにてKW7局とQSO

18MHzでニューメキシコ州のKW7Dが強力に入感していたのでダメ元で0.5Wでコールしてみたら一発でコールバックあり。 569のレポートを頂きました。かなりおまけだとは思いますが。 G5RV(ZS6 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。