元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CB

新スプリアス基準対応の新型市民ラジオ「ICBT-17A」発表

投稿日:2017年5月18日 更新日:

5月16日、浜松市のサイエンテックス社より、SR-01に続く新スプリアス基準対応の新型市民ラジオ「ICBT-17A」が発表され、受注生産の予約が開始しました。

見た感じ、ちょっと軍用機を思わせるデザインです。
実物はもちろん見れていませんが、写真のマイクの大きさ(ハンディー機用の小型のマイクでしょう)や単三電池の大きさから、ハンディー機と呼ぶには少々大きめなようです。

重量が1.7kgと、さすがにRJ-580ほどはないにしてもICB-87Rよりは重いので山岳への担ぎ上げには向かないかもしれません。
いや、でも気合いの入ったCBerはRJ-580でも担いで登りますからねぇ・・・。

面白いのは底面に三脚固定用のネジ穴があり、手に持たずに三脚に固定したまま片手にマイクだけ持って運用することができます。

電源は単三ニッケル水素電池6本推奨で、単三アルカリ乾電池も使用可能ですがその場合運用時間が1/3程度になってしまうとか。
SR-01がかなりの電池食いと聞いていますが、はたしてICBT-17Aはその辺どうなのか?気になるところです。

CB機初のMorse S-Meter搭載とのことで、Sメーターが付いていない代わりに測定ボタンで信号強度をモールス符号で教えてくれるとの事。
またこの測定ボタンは信号強度を計るだけでなく、電池電圧が測れたり、またAGCを強制OFFすることができ、「聴感による本来のS判定」がしやすくなるようです。

私もRJ-410で運用する時はメーターが無いので「耳S」に頼るしかないのですが、こういったSメーターとは別の形での信号強度判定ができるのはいいですね。

一つだけ気になるのが、ロッドアンテナのベース部が本体と平行になっており、これにより送信に影響が出ないのかが気になります。

 

今回のこのICBT-17A、いろいろなアイディアが詰め込まれ、「CB無線機がこうだったら便利、こうだったら楽しい」などの意見がサイエンテックスさん内で意見交換されたのでしょう。

今から注文すれば10月末からお届けとのことですので、この秋には各局からの使用レポートが続々と届くのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク



-CB
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SV2009@諏訪郡入笠山移動

なかなか移動地が決まらず、結局このブログも事後報告になってしまったが、今回は諏訪郡富士見町入笠山への移動となった。 初日25日(土)は、入笠山周辺にて運用地探し。 入笠に向かう途中、29MHzFM及び …

no image

いきなり富士山四合目(付近)移動

水曜〜金曜まで山梨にて仕事があり、翌日13日の土曜日に帰ることに。 しかし、せっかくなので富士山に寄り道し、滝沢林道を登ってゲート手前まで行ってみることにしました。   この場所に来たのがこ …

no image

秋の一斉オンエアデイ 結果

前日21時過ぎに家を出て、輪島港に着いたのが深夜2時過ぎ。 運転中に飲んだカフェイン飲料が効き過ぎてなかなか寝つけなかったが、それでも3時間くらいは寝ただろうか。 外が明るくなると、へぐら航路(株)の …

【CB】秋のオンエアデイ〜 9/20 は妙高山九合目

毎年恒例の秋オン、昨年は鳥海山山頂から出ましたが、今年はできるだけ新潟県内から出たいと思い、4年ぶりに妙高山山頂を目指しました。 荷物としては、メインとなるICB-87Rと予備電池、DJ-R20Dと故 …

no image

上越市(旧吉川町)尾神岳移動

またもやCBの移動です。 ほんの気まぐれで尾神岳に登ってみました。 ニイガタNC30/長野県信濃町黒姫高原 55/56 ニイガタHR420/新潟市西蒲区多宝山 52/52 ニイガタNH17/弥彦山 5 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。