元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

CQ WW DX Contest QRP

CQ WW DX TEST CW、今年はFT-817NDで参加

投稿日:

毎年参加しているCQ WW DXコンテストですが、2012年以降はミズホのピコ14Sで参加してました。

昨年こそはFT-817ND 5Wで参加するつもりでしたが、JA1AMH高田OMの訃報を受け、追悼としてMX-14Sにて力いっぱい参戦いたしました。

昨年までの結果はこちらにまとめてあります。

太陽黒点活動も落ち、コンディションが悪い中でQRPで参加するものかなりきつくなってきましたが、今年はMX-14Sには休んでもらい、FT-817ND 5Wにて参加することにしました。

なお、アンテナは数日前にG5RV(ZS6BKW)をまた上げまして、それを使用しての参戦です。

 

まず、ずっとMX-14Sの2Wでやってきたため、それに比べると応答率が格段に上がっています。

当たり前といえば当たり前ですが、それまでほとんど無視され続けていたのが5Wになることによって「GFM?」「? ?」が格段に返ってくるようになったのです。
数回コールしてQSO成立というパターンがほとんどでした。

しかし、欲が出てくるもので、初日土曜日のコンディションがイマイチだったせいもあるのですが、土曜日の夜になると「明日から100Wでやろうか・・・」なんて浮気心が芽生えたり。

まぁ、結局は最後までFT-817ND 5Wでやり通しました。

 

昨年は。

Score 6,574 (90 QSOs 16 Zone 22 Entities)

14MHz QRP Single OP.

World 16位
Asia 3位
JA 1位

という結果でした。

 

今年は。

Score 14,472 (123QSOs 21 Zone 33 Entities)

という結果でした。


↑これ、わかりにくいですが薄くなっている数字がWorkedです。

出力が5Wになったからと言って2Wの2.5倍だからQSO数も2.5倍になるというわけではありません。残念ながら。

 

以下にこの2日間(3日間)の感想など。

11月25日

所用により9時きっかりには参加出来ず、9:45頃より参加。
K7局2局とのQSOからスタートするも、北米方面がイマイチ聞こえず。もうコンディションが落ちたのか?
その後UA0やVR2、BYなどの近くとQSO。
昨年なかなか厳しかったYB局とは一発コールで取ってもらえた。
昼の12時台にカザフスタンのUP2とQSO。そろそろEU始まるか?と思ったもののなかなかEU方面聞こえず、辛うじて16時台にOHとQSO。
時間が前後しますが14時台にCE局とQSO。とりあえず南米ゲット。
17時前にJA局がペディションで行かれてるFKとQSOして初日はお開き。
なんとかアフリカを除く5大陸と出来ました。

11月26日

朝5:30起床。
まだまだコンディションが上がらないようで強い北米局がようやく聞こえる程度。
6時を過ぎて少しづつ北米局とQSO、しかしそれも9時台にはコンディションが落ち、アジア・東南アジア地域とのQSOが中心になる。
昼の12時台にLU局とQSO
13時台にUA4局とQSOするも、EU方面がイマイチな感じ。このままEUは不安定なままで終わるのか?と思いきや、16時台になると結構聞こえてくる。前日とは大違い。
F、OH、LA、PA局とQSO出来たが、耳の良いDL局とQSO出来なかったのが個人的に残念。
18時前になるとコンディションも落ち込み、しばらくワッチのみで楽しんでいると18:20頃にCE2が入感。とてもコールして取ってもらえる強さじゃなかったけど一応呼んでみましたが向こうは構わずCQ連呼。ロングパスでしょうか?

11月27日

朝5:30起床。
前日にかなりの北米局とQSO出来たので、聞こえる局のほとんどが重複になるか?と思ったが、コンディションの違いなのかほとんど1stばかり。しかも、ZONE5の東海岸2局ゲット。
最後の追い込みの8:40位から自宅の用事でシャックを離れる事となり10分ほど空けた後8:50に復帰。8:59最後の最後にW6局とQSOして今回のWW DXはお開きとなりました。

 

MX-14Sの2Wでコールする時はダメ元でコールし、返ってくればそれはそれは嬉しいものですが、5Wの場合、ある程度強い局だと「返ってきて当たり前、S9プラスで聞こえてんのにこっちのコール無視か!?つ○ぼか!?」みたいに思ってしまうところがあり、その度に反省しております。

いつも思うのが朝から晩まで14MHzに張り付いていると、コンディションの移り変わりが手に取るようにわかり、それはそれは楽しいものです。
このコンディションの中、5Wでどれくらいできるのか?も楽しいですが、さすがに・・・来年は・・・・・100Wでやろうかしら・・・・。

 

スポンサードリンク



-CQ WW DX Contest, QRP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年もCQ WW DX Contest CWはピコ14で参戦

毎年恒例となっておりますMIZUHO ピコ14 MX-14SでのCQ WW DX Contestでの参戦は、今年も無事終了しました。 アンテナは悩みに悩んで結局G5RV(ZS6BKW)を降ろし、バター …

MX-14S

今年のCQ WW DX TEST CW、ミズホ MX-14Sでの参加結果

毎年恒例のCQ WW DX コンテストCW QRP部門への参加ですが、2012年からミズホのピコ14Sでの参加を続け(2013年は初日の夕方までピコ14Sで、それ以降はFT-817ND)、その度に「来 …

no image

P-7DX、雷サージを受ける

またP-7DXネタですが。 冬の時期、この地方ではよく落雷があります。 その度に無線機からコネクターを外しているのですが、雷は突然来るもの。 その時はたまたま家の庭におり、光ったと同時にアンテナから「 …

MIZUHO P-7DX

2017年のQSOパーティーはMIZUHO P-7DX 0.5Wにて参加

「できるだけQRP」で参加しているQSOパーティーですが、例年ですと2日か3日のどちらかに用事があるため参加できるのはどちらか一方だけでして、P-7DX(7MHz 0.5W)で半分、FT-817NDで …

no image

第1回及び第2回対馬移動記を掲載

1988年の第1回対馬移動記と、1996年に行われた第2回壱岐/対馬移動記を掲載した。 これは、1995年、1996年に露組ねっとが「月刊露組ねっと(不定期刊)」として発行していた小冊子に掲載した手記 …

Profile

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。

アーカイブ

露組ねっと