ALINCO DJ-G7での27MHz帯受信はどんな感じか?

スポンサーリンク

広帯域受信機能を持ったアルインコのハンディー機DJ-G7ですが、これで27MHz帯を受信するとどのような感じなのか?感度は?混変調は?Es発生時のコンディションチェックに使えるのか?等々いろいろ興味深いかと思います。

動画にて撮影し、YouTubeにアップしましたのでご覧下さいませ。

(CB 8chの受信では、ちょうどるもいYD43局の信号が受信できておりますが、今回の使用にあたり、るもいYD43局より快諾を頂いております。ありがとうございました。)

アンテナはAZDENの29MHz用ロッドアンテナとDIAMONDのRH999とを比較しております。

やはり感度は29MHz用ロッドアンテナの方が断然良く、RH999ではある程度強力に聞こえてくる局でないと厳しい感じがしました。

しかし、29MHzロッドアンテナで受信した場合、手持ちのRJ-580と遜色なく受信できましたが、しかし本当にギリギリの弱い信号ではRJ-580のほうに軍配が上がります。

ここではホイップアンテナだけで受信してみましたが、自宅の10m用GPで受信した場合は混変調がひどく、ほとんど使い物になりません。

これはもう仕方のないことでして、こんな小型のVUHF帯のハンディー機にそこまで求めてはいけません。

あと、もう一つ残念なのが、周波数ステップが最小で5kHzまでのため、27.144などの中途半端な周波数にドンピシャと合わせることができません。8ch(27144)を聞きたいなら27145に合わせることになります。

しかし、あくまでもコンディションチェックとして使う分には十分でしょう。

例えば山歩きなどで、メインバンドでは433.00MHzなどの呼びだし周波数に合わせ、サブバンドでは27.005に合わせてコンディションチェックしながら歩くなんてのもいいかもしれません。

 

CB

Posted by JR0GFM