元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

Antenna

バターナットメンテナンス

投稿日:

バターナットHF7V-Jを上げてからそろそろ1年になります。
以前はT2FDを上げていましたが、これがまた笑っちゃうくらい飛ばない。
ダミーロードを上げていたようなもんです。
バターナットは昨年中古で購入し、設置〜調整まで1週間くらいかかりました。
アンテナアナライザ必須です。
これがないと話になりません。
その後、冬を迎え記録的な豪雪となり、ラジアルは切れ、隣家の除雪機からの投雪で17mと12mのアルミ板は変形し、30mのコンデンサが破損。
コンデンサはなんとかハンダ付けで修復し、17mと12mはどっちみちSWRは落ちていないので思い切って外してしまいました。
Img Yukiniumaru
写真は今年の2月に撮影したもの。
3.5MHzと7MHzのコイルを雪から掘り起こしたところです。
ここまで積もれば隣家の除雪機からの投雪も怖くありません(泣)
バターナット自体は積雪のことも考えて地上から1.5mくらいの鉄パイプに固定して設置してありますので、このコイルまでは地上から約3mくらいになります。
この後もさらに積もりましたので、まぁこのへんの積雪はだいたい想像がつくかと・・・。
この時点ではもう既にラジアルは外してありますが、それでもSWRはそこそこ落ち、結構飛んでくれていました。
こんな過酷な雪国新潟の豪雪に耐えたバターナットですが、雪が消えた春からも何度かのメンテナンスを重ね、先日ようやくHF全バンド(17m、12m、6mを除く)ともある程度満足の行くSWRに落ち着きました。
冬に向かう前に一旦全部ばらし、接続部に導電グリスを塗り、そしてまた組み直して調整。
特に3.5MHz〜10MHzの調整は非常にクリティカルです。
10MHzがとてもいい状態でSWRが落ちたかと思えば7MHzの調整点が狂い、7MHzを直すと10MHzがまた狂うといったような・・・。
最終的になんとかHF全バンドとも最良の状態となり、各バンドともCWの周波数帯であればアンテナチューナー無しでON AIR可能となりました。
さて、あとは今年の冬からずっと外していた17mと12mのコイルをまた付けようかどうしようか・・・。
特に17mではおいしいDXが出てきてるんですが・・・。

スポンサードリンク



-Antenna

執筆者:


  1. jh1crf より:

    JR0GFM OM お初にメールします。バターナットのHF7V-Jの調整をなさっていましたので、教えて頂きたくメールしました。私も同様のアンテナを使用し、数年経って何となく不調なので、屋根から地上に降ろして調整しています。ところが、どうしても、7MHzにおいてSWRが下がりません。アンテナアナライザーはMFJ-259Bを使用しています。10MHzのコイルを完全に外しても、7MHz付近でSWRが下がるところが見つからず苦戦しております。何かアドバイスをいただけると非常に幸いです。御多忙の処を誠に恐れ入りますが宜しく御願い致します。 功力芳郎

    • JR0GFM より:

      JH1CRF 功力様。

      コメントありがとうございます。
      バターナットの調整はなかなか微妙ですね。私も満足のゆくSWRになるまで1週間くらいかかりました。
      さて、7MHzのSWRが下がらないとのことですが、まずはご面倒ではありますが、一旦バラしで各接続部をワイヤーブラシやヤスリ等で磨いて組み直してみて下さい。
      特に7MHzと3.5MHzのコイルとコンデンサー周辺の接続部はよくチェックされてみて下さい。
      また、10MHzのコイルを外されたとのことですが、確かこれは他のバンドにも影響を与えているはずですので外さない方がよろしいかと思います。
      また、7MHzコイルの上から4〜5ターン目にタップをとって10MHzのコイルに繋ぎますが、そのタップも4ターン目と5ターン目では14MHzだけでなく7MHzと10MHzにもかなりSWRの変化があります。最初は取説通り4ターン目でお試し下さい。
      また、もしナガラの導電グリスをお使いでしたら、これもあまり塗りすぎるとよくないようですのでできるだけきれいにふき取って下さい。
      それと、地上に降ろして調整されてるとのことですが、できればラジアルを付けた設置状態で調整された方がよろしいかと思います。地上高が低いと必ず各バンドのSWRに影響が出ます。
      私のほうで考えられるトラブルの原因となるとこれくらいでしょうか。
      お近くでしたら調整のお手伝いにお伺いしたいところですが、1エリアとのことでお伺い出来ないのが残念です。
      ご参考になりましたら幸いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

そしてZS6BKW版G5RVへ

前のエントリーにてオリジナルのG5RVを制作したが、思った以上にSWRが高いことが気になった。 そこでいろいろ調べていくうちにZS6BKW版のG5RV(と呼んでいいのかわからないが)の存在を知った。 …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その3 調整編)

コイルとエレメントを竿に取付け、裏庭にて調整。 まずは7MHzから・・・・・とりあえずそのままの状態では8.5MHzあたりに共振点が有るようだ。 コイルのタップをいじってみたりいろいろとやってみたけど …

no image

【10m FM】モービルアンテナ比較

6月6日7日と10m FM一斉移動が行われましたが、私は6日は仕事のため今回は不参加でした。 とは言え、一応移動らしきことをしましょうと家のすぐ近所の田んぼにて1時間ほど運用してきました。 その際、J …

no image

デルタループの給電部

台風接近のため降ろしていたデルタループをまた上げました。 ついでに、給電部の写真を撮ってみました。 こんな感じです。 28.268のVK8VF/DarwinのビーコンがQSBを伴いながらピークで599 …

no image

気合いを入れてボンディング(その2)

はいみなさ〜ん。 というわけでね、前回の続きです。 前回はエンジンルームをボンディング(アーシング)しました。 さて今回はいよいよアンテナ基台からボディへのアース接続からボンディングについて。 まず、 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。