元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10m 10mFM Antenna

モービル用アンテナ、SWRがイマイチ落ちない10mを改善

投稿日:

昨年の夏から車にルーフキャリアを取り付け、そこにアンテナを付けるようになりましたが、それまではハッチバックと牽引フックに付けていました。

こちらはキャリアにBIG-10Hを取り付けた例です。

キャリアにBIG-10H

時々上の写真のように10mモノバンドか10m/6mデュアルバンドのヘリカルを付けて、もう片側の基台には430を付け、無線機側でデュプレクサーで分岐させてますが、どうもデュプレクサーのロスが気になるので最近はほとんどDIAMONDのCR8900一本で10m〜430MHzに出れるようになってます。

しかし、CR8900やBIG-10Hの場合はどうも10mでのSWRが1.5以下に落ちない。
自作のヘリカルなんかは気持ちいいくらいにストーンと落ちてくれてるんですが。
SWR1.5はせいぜい4%のロスなので実用上全くと言っていいほど問題ないのですが、バンドエッジとか、特に10mの場合は29.60MHzのDX周波数なんかではSWR2.0くらいになってしまい、どうも気になります。
それまで時間があれば原因を色々探しておりました。
アースシートを増やしてみたり、同軸ケーブルの引き回しを変えてみたり長さを変えてみたり・・・。
しかしどれも今一つ改善されず、まぁSWR1.5でもいいか・・・って感じで使ってきました。

ちなみに、ハッチバックに付けていた頃はバッチリSWR1.1〜1.3くらいまで落ちていました。

いろいろ試してきた中で、キャリアに付けた基台の位置だけは変えていなかったので、今回思い切って変えてみました。
上の写真のようにそれまでは後ろ側のキャリアに付けていましたが、今回は前側、つまり運転席の真上に基台を付け替えてみた形になります。
そして助手席側に付けていたAPRS用のアンテナは後ろ側のキャリアに付けることになりました。

そして結果は・・・一応落ちました。CR8900では29.30MHzでSWR1.2〜1.3くらい。29.60MHzでもSWR1.7くらいになります。
ただ、6mでの落ち方が素晴らしく、それまで51.00ではSWR1.5で51.50MHzあたりでSWR1.1くらいになっていたのですが、今回は50.80MHzくらいから52MHzくらいまでSWR1.5以下の帯域が広がっています。
また、BIG-10HでもSWR1.2以下となり、それまで後ろ側に付けていた時よりも帯域が広くなりました。
もちろん他の自作ヘリカルも今まで通りSWR1.1と絶好調です。

HFでのモービル運用は2m/430と違って、アンテナ買ってきてポンとつけるだけでOKというわけにはいかず、なかなか試行錯誤が必要な場合があります。
車種や取り付け場所によって性能が大きく変わってきます。
(「このアンテナ、SWRが全然下がらない!壊れてる!」なんてクレームも多いんでしょう)

SWRが下がらなくてもアンテナを疑う前に、取り付け場所、取り付け方、アースの確認は最低限チェックした方がよさそうです。

スポンサードリンク



-10m, 10mFM, Antenna
-

執筆者:


  1. jk1tcv/kazu より:

    キャリアの前と後ろでそんなに変わるんですね。
    車体とアースの関係なんでしょうね。
    モービルでHFのホイップを使う時はアース以外に色々影響を受けそうですね。
    私もぼちぼちモービルに基台を付けようと思いますので、参考になりました。

    • JR0GFM より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      モービルの場合は「まさかそんなところなんて関係ないでしょ」なんてところが大いに影響が出ていたりすることがあるようです。
      アンテナの種類も関係してくるようですね。
      このエントリーに書いたこと以外にありとあらゆることをやってみましたが、今回の「位置を変える」ということこそ「まさかそんなところ・・・」ということを実感しました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AZ-11 ゲット!

AZDENの10m FMハンディートランシーバー AZ-11をゲットしました! 数少ない10m FMのハンディーです! しかも名前がAZ-イレブンです。 10m FM機なのにイレブンですよ!イレブン! …

no image

1995年10月15日、10m FM 長野県小諸市高峰高原移動の記録

暇を見てはコツコツと過去の紙ログのQSOをハムログに入力しているのですが、ちょうど今1995年10月15日の記録を入力し終わったところです。 この日は29MHz FMの移動日だったのか、私は小諸市の高 …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)

移動用アンテナとして評判の高いVCHアンテナを作ってみた。 同アンテナについてはCQ誌でも何度か取り上げられているが、最新の記事としては2008年5月号の特集がある。 ここでは改良型も紹介されておりと …

no image

Butternut冬眠から覚める

冬期間は積雪によるコイルの破損を防ぐためにコイル類はすべて外し、エレメントを追加して7MHzモノバンドのバーチカルにしていたバターナットであるが、夏も近づく本日ようやく復活させた。 天気予報では午後か …

no image

そしてZS6BKW版G5RVへ

前のエントリーにてオリジナルのG5RVを制作したが、思った以上にSWRが高いことが気になった。 そこでいろいろ調べていくうちにZS6BKW版のG5RV(と呼んでいいのかわからないが)の存在を知った。 …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。