欧文ラグチュー

スポンサーリンク

ここ数年CWを聴いていても、和文か「599 BK」形式のラバースタンプかのどちらかだけになっているようだ。
以前は7.025MHz以上では割とゆっくりとした欧文のラグチューが聴けたものである。
それが今では和文かRTTY、またはPSK31の信号しか聞こえない。

このままでは欧文の平文によるQSOが絶滅してしまうのではないだろうか。

かく言う私もそのあたりでは和文打ってたりPSK31やってたりしていたが、反省の意味も込めてできるだけそのあたりでは欧文ラグチューとまではいかなくても、せめてラバースタンプ以上、平文ラグチュー以下の交信をするようにしようと思った。

先日、7025あたりで遅めのCQを出し、4エリアの方と欧文にて交信した。
しかし、驚いたことに自分が思っていた以上に符号が聞き取れない。
ほとんど暗記受信が出来なくなっていたのだ。

これじゃあまずい。

そこで、「JA0 QRS NET」というものがあることを思い出し、日曜の夜に参加させていただいた。

手元には無地のメモ用紙を用意し、相手局の打つ信号をひたすら書き込む。
符号自体がゆっくりなので書き写すには十分だ。

しかし、送信になると英語が出てこない。

中学生レベルとは言え、いざキーを叩くと全く単語が出てこないのだ。

お相手の方は以前和文でQSOしたことのある方なので、ついつい「ホレ・・・・・」と打ってしまう。

しかし、略語の多い欧文でのラグチューは和文よりもはるかにスマートだ。
これでもうちょっと平文に慣れればスマートな欧文ラグチューが出来るようになるかもしれない。
だが、そこまでの道のりは簡単ではなさそうだが。

略語を使って交信する欧文の平文によるQSOはとてもスマートだ。
確かに「和文は冗長だ、時間がかかる」とか言われても仕方ない。
  

しかし、そう言う局は欧文の平文によるQSOは出来るのだろうか?
「599 BK」だけってことはないだろう。

もしそうなら、ぜひ欧文ラグチューをやってみてほしい。

私も欧文ラグチューの火を消さないようにこれからも続けたいと思う。

もちろん、0エリアの和文の火も消さないようにしたい。

CW

Posted by JR0GFM