元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10m Antenna

BIC-10H

投稿日:

その筋では人気の高いBIC-10Hですが、製造中止してしまい今では中古くらいでしか手に入りません。
ちなみに、リメイク版(?)としてCR-10Hの型番で現在では入手可能です。
探したらAmazonにもありました

 しかし、やっぱり「BIC-10H」の名前にこだわりたい。
なんとなく「BICカメラ」みたいだし(意味不明)

そんなわけで、かなり前にヤフオクにアラート登録しましたが、なかなかタイミングが合わなかったり、想定以上の高値で落札されてったりとかなりの長期戦となりましたが、ようやく入手出来ました。

SWRを計ってみたところ、案の定27.30MHz付近で落ちてました(笑)
エレメントを5cmほど切断して、28.30MHz付近でばっちり落とします。

しかし、ハッチバックに付けると確かに飛びはいいのですが、このアンテナは長いのと重いのとでハッチバックと基台にかなりの負担をかけてしまいます。
そこで泣く泣く牽引フック基台に取り付けてみました。

高い・・・・・。

おそらくコイル部分が車体からの影響を受けてしまっているのでしょう。
フック基台を出来るだけ車体から離すように調整して、それでも1.75くらいまでしか落ちません。

いろいろと検討の余地がありそうです。

スポンサードリンク



-10m, Antenna

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DIAMONDの10m/6m GP CP610を上げてみた

というわけで、CQオームさん行った翌日、天気も良かったので早速我が家のコン柱のてっぺんにダイヤモンド CP610を上げました。 これは28MHzと50MHzのデュアルバンドGPで、28MHzはλ5/8 …

no image

だから10m FMは面白い

長岡からの仕事の帰り、曽地峠を越えて柏崎市入り。 峠を降りきったところで29.30MHzでCQを出すと、「おーい」と呼ぶ声。 誰? このあたりで10m FMで「おーい」なんて声かける人はいないはずだし …

no image

第一電波CR8900の51MHz帯のSWR

第一電波(ダイアモンド)の29MHz/51MHz/145MHz/433MHzの4バンドモービルホイップCR8900ですが、10mは先端で調整出来るものの6mは基本的には無調整と言うことになっています。 …

no image

高周波回路設計に役立つサイト

「f=2πルートLC分の1」。 この公式、一生忘れることはないでしょう・・・。 だけど20数年アマチュア無線をやってきて、一度も使ったことがありません。 そもそも、ルートの計算なんてどうやるんだっけ? …

no image

本日のJT65 0.5W QRPp交信の記録

6m 0.5WでVKとQSO出来たことに気を良くし、さらに28MHzでワッチを続けました。 14:37JST、まずはVK2CGJ局が-6dBと強力に聞こえていたのでコールしてみると一発で返ってきました …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。