元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10m Antenna

BIC-10H

投稿日:

その筋では人気の高いBIC-10Hですが、製造中止してしまい今では中古くらいでしか手に入りません。
ちなみに、リメイク版(?)としてCR-10Hの型番で現在では入手可能です。
探したらAmazonにもありました

 しかし、やっぱり「BIC-10H」の名前にこだわりたい。
なんとなく「BICカメラ」みたいだし(意味不明)

そんなわけで、かなり前にヤフオクにアラート登録しましたが、なかなかタイミングが合わなかったり、想定以上の高値で落札されてったりとかなりの長期戦となりましたが、ようやく入手出来ました。

SWRを計ってみたところ、案の定27.30MHz付近で落ちてました(笑)
エレメントを5cmほど切断して、28.30MHz付近でばっちり落とします。

しかし、ハッチバックに付けると確かに飛びはいいのですが、このアンテナは長いのと重いのとでハッチバックと基台にかなりの負担をかけてしまいます。
そこで泣く泣く牽引フック基台に取り付けてみました。

高い・・・・・。

おそらくコイル部分が車体からの影響を受けてしまっているのでしょう。
フック基台を出来るだけ車体から離すように調整して、それでも1.75くらいまでしか落ちません。

いろいろと検討の余地がありそうです。

スポンサードリンク



-10m, Antenna

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

160m/30mデュアルバンド逆L

G5RV(ZS6BKW)では10MHz(30m)には出れません。 また、我が家のG5RVの場合は21MHzのSWRも全然落ちません。 なので昨年(2010年)秋から1年以上にわたり10MHzと21MH …

no image

第一電波CR8900の51MHz帯のSWR

第一電波(ダイアモンド)の29MHz/51MHz/145MHz/433MHzの4バンドモービルホイップCR8900ですが、10mは先端で調整出来るものの6mは基本的には無調整と言うことになっています。 …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その3 調整編)

コイルとエレメントを竿に取付け、裏庭にて調整。 まずは7MHzから・・・・・とりあえずそのままの状態では8.5MHzあたりに共振点が有るようだ。 コイルのタップをいじってみたりいろいろとやってみたけど …

no image

VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)

移動用アンテナとして評判の高いVCHアンテナを作ってみた。 同アンテナについてはCQ誌でも何度か取り上げられているが、最新の記事としては2008年5月号の特集がある。 ここでは改良型も紹介されておりと …

no image

6m/10m デュアルバンドヘリカルアンテナの製作

以前、富山の局より頂いた6m/10mのデュアルバンドヘリカルを使用しておりました。 このヘリカルは、その富山の局がとあるOM局より頂いたものの、ご自分の車ではSWRが落ちなかったため、もしうまく使えた …

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
1.9MHz〜14MHzのCWと29MHz FMを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ及び特小無線にて「ニイガタYM016」も運用中。