元祖TS Production - 露組出張所

QRPありCWあり市民ラジオあり…JR0GFM/ニイガタYM016の節操なきアマチハ無線&CB便り

10mFM Antenna

最近の私のモービルシャック

投稿日:

車の免許を取得してからずっと普通車を乗り継ぎ、それが今年からついに軽自動車へ乗り換えることになりました。

小さい車なので無線機の取付け場所やアンテナの取付け場所などいろいろ悩む部分も多く、3ヶ月くらい車に無線機のない状態が続きましたが、ようやく無線機とアンテナを取り付けましたのでそれのご報告をと。(もう1ヶ月くらい経ちますが)

まずはアンテナ、大型のマグネット基台も考えましたが、とりあえずハッチバックの上のほうにハッチバック基台を取り付けました。

10mFM中心なのでアースが肝心。

前の車に取り付けていた銅板をそのまま流用。

こんな感じで車体とアースを取りました。

「気合いを入れてボンディング」とばかりに天井の内装をはぐったものの、ボディーの各鉄板同士がボルトで留まっておらずほぼ全てスポット溶接のため、以前の車のように鉄板同士を繋いでいるボルトとボルトを銅板や網線で繋いで行く方法が出来ません。

まぁ、溶接してあるんだからボディーのほぼ全体が導通していると解釈しましょう。

そして無線機ですが、車内も狭いため取り付けられる無線機は1台だけ。なので最初はFT-8900Hを取り付けてました。そしてアンテナも29MHz〜430MHzのCR8900を取り付けてしばらく走ってみてたものの、どうも430MHzの感度が悪い。ためしに他の144/430のモービルホイップを取り付けるとM5フルスケール!
どうやらCR8900、ついに寿命のようです。
かれこれ10年くらい使ってるわけですから仕方ないでしょう。

また新しくCR8900を買うのもどうかと思い、ここは思い切ってFT-8900HからPCS-7800Hに載せ買え、10mFMモノバンドを貫くこととしました。

20年くらい前はこのスタイルでしたので。

PCS-7800Hは足下に置きました。

 

アンテナは当初は容量環つきヘリカル。長さ約85cm。

SWRもバッチリ落ちてくれました。

しかし、長さ85cmと短いためか、どうも飛びがイマイチな印象。まだこのアンテナに関しては他のアンテナと比較したことがないのでどの程度なのか不明ですが、やはり過去に使っていたヘリカルで実績のあるもので運用したい。
そこで、いちばん調子の良かったヘリカルHA-5を取り付けてみたところ、大幅にSWRが上がってしまっており、調整するには少々手間がかかりそう。
もう一つ、過去に作ったスリーブアンテナをヘリカルにしたようなHA-2を取り付けたところ、多少の調整でうまくいきそうな雰囲気。

一度熱収縮チューブを全て剥がし、銅箔テープの長さを調整して新しく熱収縮チューブを被せました。

SWRを確認。

29.30MHzを中心にFMバンド内いい感じで下ってくれました。

 

小さい軽自動車に長さ130cmほどの「棒」なので多少威圧感はあります。

#広いショッピングセンターなどの駐車場に停めてもすぐに見つけられます。

このアンテナで、関見峠から千葉県市原市とモービル同士で繋がりましたのでそこそこ飛んでくれているようです。

 

スポンサードリンク



-10mFM, Antenna

執筆者:


  1. JH1DSL より:

    JH1DSLです。QNJ局の掲示板から飛んできました。昨日は貴重なQSOありがとうございました。ANTを画像で確認させて頂きましたが、FBな取り付け位置ですね。私のモービルは真逆で給電部が地面から80センチ程度で、アンテナのほとんどがハッチバック部分で隠れています。画像を送れれば分かりやすいのですが…すみません。送受信悪さが日々の悩みです。

    昨夜、SWJ局と繋がり、更にご縁と感動を共有しました。

    次回のQSOを楽しみにしています。

    • JR0GFM より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      また、昨日は貴重なQSOありがとうございました。
      早速SWJ局と繋がったみたいで良かったです。
      私の車もやはりエンジンをかけているとノイズを拾ってしまうので、昨日はエンジンを切っての運用でした。
      それでもロケーションに助けられ、DSL局の信号は了解度5でクリアに受信出来ておりました。

      昨日帰宅してハムログに打ち込んだらちょうど10年前の2007年7月2日に近距離Esで繋がっておりました。
      おそらくこちらは自宅からだと思うのですが、DSL局の設備はFT-100と80cmほどのヘリカルとの記載があります。
      前回は近距離Es、そして今回はGWと、本当に貴重なQSOをどうもありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VCHアンテナを作ってみた(その1 材料編)

移動用アンテナとして評判の高いVCHアンテナを作ってみた。 同アンテナについてはCQ誌でも何度か取り上げられているが、最新の記事としては2008年5月号の特集がある。 ここでは改良型も紹介されておりと …

車山山頂

【冬山移動】霧ヶ峰 車山移動

ベッキーと聞いて思い浮かぶのは、Windowsのメールソフトですよね。 Becky! Internet Mail こんにちは。 2月11日建国記念の日、霧ヶ峰 車山に行ってきました。 昨年の冬に行こう …

no image

430MHzバイコニカルアンテナを作ってみた

QSBが少なく安定したQSOが出来ると定評のバイコニカルアンテナですが、メーカー製のコメットのCBC-70ですと実売で¥8kくらいしており、430MHzのモノバンドでその価格だとちょっと手を出しづらい …

no image

29.620MHzのレピーター

ここのところ連日のように朝は北米が開け、夕方にはヨーロッパが聞こえている10mですが、コンディションが良いと29.60MHz以上のレピーターもよく聞こえてきます。 しかしなかなかIDが聞こえず、たまに …

no image

29日は29MHzFMの日

今月中に終わらせなければならない仕事があって、出るのは難しそうです。 あ、でも、仕事しながら29.300はワッチしてます。 Technorati Tags: 29MHzFM, 10mFM

1996年対馬移動
■1996年対馬移動時のQSL

1983年6月開局。
29MHz FMと6m、そしてHFのCWを中心に活動中。
それと並行して市民ラジオ「ニイガタYM016」も運用中。